Monthly Archives 7月 2015

くう〜

朝9時開始、23時終了。
さすがに夕方19時くらいから集中切れ始め(ほんとはもっと前に切れてたかも?)
指が思う通りに動かなくなり、最後の方はけっこう戦いでした 汗
一部暗譜もしながらだったので、キツかったわ。。
しかし、長いだけでなくできるだけ良い内容にしたいと思って、
ストレッチ、休憩なぞしながらナントカがんばりました。

ここ一週間くらい空きの日はこんな生活が続いておりますが、まーたまには^^;
ところで、夏の暑い日に汗かきかき練習していると、学生の頃を思い出します。
夏場はコンクールがあったり、夏休み明けにすぐオーディションがあったりしたので
練習→レッス...

Read More

先生もがんばる

ふー、やっと曲がなんとかなんとか形になってきたのでログが書ける 笑
7/30~開始の室内楽のセミナーを受けられることになりました。私はドヴォルザークのピアノ五重奏Op.81で受けます。
さきほど全楽章をざーっと見て、まだ練習が必要なところ、手になじませた方が良いところをピックアップして付箋を貼ったとこです。。(地道

IMG_4604

曲は5月くらいにうっすら決めたのですが、応募人数が多いと受けられないかも、というのもあり、
運指だけとって放置していたら、7月頭に受講のお知らせが来て、おおっと、と慌てて弾き込み開始。。^^;
先日のバロックもありましたので、交互にさらう有様。その間におフルート様との合わせもあり、、時間に余裕があるとは言えず、ほんと焦りました(ってます)...

Read More

弾けないときのコツ

時々、何度もさらっているのに「あれ、弾けない」ということがあります。
そういうときは一旦楽譜から目を外し(一時的に覚えるということですが大抵1,2小節程度なので)
手の動きをよく確認しながらさらうと、急に脳と指がリンクして弾けるようになったりします。
方法のひとつとして利用してみてください。
他にも視点を変えていろいろな角度から切り込むことで、思いがけない効果的な方法が見つかったりします。
弾けないところは100回さらえばいいんだよ、とは某巨匠の名言?ですが、
やみくもに弾き込むのも下手をすると手に負担がかかって痛めたりするので考えもんです。
たいてい時...

Read More

150720 音楽の教室 一時間目「バロックってどんな音楽?」

ホール杉創立10周年記念コンサート 音楽の教室 一時間目「バロックってどんな音楽?」

2015.7.19
場所:ホール杉 14時開演

杉山さん発案のこの企画ですが、ご来場のお客様にはかなり好評でした。
最初、愛しい人よ(時代的にぎりぎりバロック笑)で始まり、林さんの超絶技巧を駆使したヘンデルと続き、作曲家先生&ピアノ、ソプラノ&ソプラノの連弾まで、もりだくさんなプログラムでした 笑

DSC_9336

DSC_9338

私のスカルラッティのソナタ

DSC_9346

DSC_9348

杉山先生のバロックという時代についての授業、

DSC_9358

DSC_9361

バロック時代と言えばコレ!という曲の連弾(ヴィヴァルディの「四季」より春)

DSC_9364

やって良かったのか?!笑
世にも珍しいソプラノ二人...

Read More

茶道

これは、趣味と言って良いんでしょうか。茶道、いちおう嗜んでおります 笑
きっかけはベルリンに行くにあたって「日本人として日本文化を知らないのは恥ずかしい」という体裁から。。付け焼き刃で4ヶ月だけ習って渡欧しました 爆 ちなみに同じ理由でこの時に着付けも習ってます (半年だけ)
帰国してからもお茶の先生がたいへん私をかわいがってくださり、本番前で忙しい時などでも単発のお稽古でも見てくださっているおかげで、なんとか続いてます。気づけばもう通算6年目に入り、最初のお免状くらい取っておかないとという母上の勧めで、先日有り難く頂きました。
写真

が、よめない。。...

Read More

お知らせ

今週末の公演 “音楽の教室1時間目「バロックってどんな音楽?」” のチケットですが、完売いたしました。
若干名の当日券がある…予定ですが、いつものパターンですと、恐らくこちらも売り切れとなるかと思います。。
有難うございます。当日はみなさまお気をつけてお越し下さいませ。

Read More