コンサート

自分が出る機会もありますが、お客さんとしてもたくさん聴かせていただいてます。
こういうお仕事をしていると音楽関係の知り合いやお友達が多く、その方達の出られるコンサートもたくさん行きます。
考えてみたら、昔は大学のコンサート以外では「ステージに立っている人が知り合い✨」なんて本当に無く、
「ステージに立っているのは別世界の人✨」という認識でした。
最近では圧倒的に知り合いのコンサート率が高い。ちょっとは偉くなったもんです。(嘘ですスミマセン)

前置きが長いのはいつもの事ですが、いろんなステージを見るのはとても勉強になります。
演奏はもちろんですがステージでの立ち居振る舞いや、トークの内容(皆さん本当お上手)、プログラムの構成や、印刷物、衣装の選び方等々。
これは面白そう、次は真似してみようとか、これは私には無い引き出しだなー、良いなー、なんて思って見てます。
ここのブログに感想を書いていくと、自分の記録にも良いのでしょうけど、なかなかマメでなく・・笑

つい先日はお友達の林美予子さん(教室シリーズのソプラノ先生担当♡ 次回は9/10)が出演された「オペラバーへようこそ」というコンサートヘ行ってきました。
今をときめく岐阜出身のオペラ界の王子、城宏憲さんがメインキャストで、オペラを提供する酒場の設定でステージを作り、
様々なオペラアリアを楽しい演出と共に演奏していくというもの。
岐阜のサラマンカホールで会場は満席、城さんもアイデアを出したと言う演出に大盛り上がりでした。
オペラって良いなぁ、クラシックってちゃんとエンターテイメントとして一般の方も楽しめるんじゃん!と
嬉しい気持ちになるステージでした。

19366527_10212730057467516_5492477914963989441_n

翌日は大学の後輩さんがヴィオラのデュオコンサートでピアニストを務められるという事で聴いてきました。
ヴィオラは大竹温子さん、ピアノは水野佐紀さん。
会場はちょうど、来月のコンサート「トリオdeリストランテ」のアーク栄サロンホールで、音響や会場の雰囲気、客席からの印象を知るのにとても参考になりました。
シューマン、ブラームス、バッハ、ショスタコーヴィチというプログラム。大曲ばかりでしたがよく集中されていてすごい。お二人とも真摯に演奏されている姿にこちらも初心にかえる思いでした。若いって良いなぁ〜。私は同じ歳には戻れないけど、彼女達のように1つのステージに向かっていた頃の気持ちを忘れず今後も続けたいな、と思ったのでした。

そうそう、もうひとつ、名古屋ブルックナー管弦楽団のコンサート。
これは友人の大学時代の先生がコンチェルトのソリスト(?)を務められるという事で行ってきました。ブラームスのドッペルコンチェルトで、ヴァイオリンは玉井菜採先生、チェロは横坂源さん。
お2人とも細部まで行き届いた素晴らしい演奏でした。横坂さんは音の処理が本当に上手くて、弓を放した後まで神経が届いてる感じ。
玉井先生は小柄なのに身体の使い方が上手でいらして(私ごときが言うのはおこがましいですが)、ダイナミックな演奏でした。
同じような体格の私としては演奏以外の見せ方もとても参考になりました。あとエメラルドグリーンのドレスがとても素敵だった✨

さて、良いコンサートを聴いてたくさん刺激を受けましたので、私も良いステージを作れるようにコツコツがんばります。
次は仲良し3人でのコンサート、楽しみです✨
7/22はぜひアーク栄サロンホール(栄だけど伏見駅だよ!)へお越し下さい♪

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>