体重コントロール

妙齢になってきまして(笑)普段あまりこういうデリケートなことは書かないのですが、
大野先生がたまたまこんな記事を上げていらしたので。
大野眞嗣ロシアピアニズムをつぶやくより*3キロ減ると*

以前、私は本番の前になると食欲が落ちて食べられなくなり、本番までに2〜3kg落ちることが多々ありました。(結構深刻)
早いと二週間くらい前からピリピリし始めて、ほとんど食べなくなり、家族が気を使うようになり(ごめん…)練習過多になり、(食)摂取量が減る + (運動)消費量が増える。なので、体重も落ちますね。ステージに上がる頃にはげっそりして周りから心配されることも。

で、それを相談していたところ、メンタルトレーニングの花尾先生から一言「体重が落ちると音も痩せるよ、ちゃんと食べましょう」。
メンタルトレーニング、という言葉から偏ったイメージを持たれがちですが、花尾先生のメンタルメソッドを簡単に説明しますと、メンタルを整える大事な要素の一つに、演奏の底上げもしていくことも含まれるので、これも重要なアドバイスのうちです。
そうは言っても、そもそも練習時間を確保するために食事の時間が惜しくて、食欲が落ちていくので、そんなに簡単に食べられない!笑
でもその時に、こんな生活を10年後も続けているんだろうか?と考えたら、とても不健康な気がしました←単純なのはいいところ
心身ともに健全な音を、と常に言われていましたので、私なりに頑張って食事をなんとか摂るようにし、実は白米が苦手なのですが、アスリートも体重維持のために炭水化物を摂取すると聞いて、ご飯の量を2.5倍くらいに増やしました。(ご飯党の方すみません。。)
最初の頃は数百g〜1kgの増減に一喜一憂していましたが、最終的に3kg増えて体重が安定するまでに1〜2年くらいでしょうか、今では本番前もちゃんとご飯を食べるようになりましたし、体重も落ちなくなりました。

減らすことにお悩みの方には大変恐縮な内容なのですが、以前柔道か、レスリングだったかな?の方が体重を減らすより、増やす方が大変、というようなことをインタビュー記事で答えていらして、なかなか苦しい作業でした。

ちなみに、朗報、と言っていいのかわかりませんが、筋肉と脂肪では筋肉の方が重いので、体重自体はあまり重要でなく、脂肪を筋肉に変えていくことで全身はすっきりしますが、体重はかえって増える、というケースもあります。

実は、最近同年代の生徒さんで身体づくりのためのある実験をして(あくまでピアノのためです)、おもしろい結果が出ましたので、その話はまた後日書きたいと思います。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>