なんと

まさかの、レッスンだと思っていたら日にちを間違えていた件・・
先日誕生日で、年が一つ増えたのですが、そそっかしいのはなかなか治りません。

写真は全然関係ないですが、先日の誕生日で母がお祝いしてくれたケーキ屋さんです

IMG_5739

というわけで時間が空いたので久しぶりに投稿をと思いました。(←もっと書こう
ちょっと長くなりましたので、適当に流してお読みください
書くことはたくさんたくさん貯めてあるのですが(笑) 最近の大きな出来事は大野眞嗣先生の門下生発表会に出させていただいたこと!
とても緊張しましたが、先生が、「お祭りみたいなもんだよ」とおっしゃる通り、次々といろんな個性のピアニストさんが登場し演奏されるのを「聞くのは」楽しかったです✨ 自分の時はめちゃ集中してました笑

バタバタの会場で偶然お会いできた講師の比嘉先生と撮っていただけました
お忙しいのにありがとうございました!

40784047_10216317552512650_2632432416890814464_n

以前セミナーで知り合った、少し年上でとても尊敬しているピアニストさんがいて、先日その方から一度会って話したい、とお誘いを受けお茶をしてきました。
会えばお話はするけど、大変できる方で普段とてもお忙しいので、個人的に会ってお茶するなどこれまでなかったのですが、私も一度お話ししてみたいと思っていたので嬉しいお誘いでした。
どんなご用件かと思ったら、前に聞いた私の演奏に興味を持ってくださり、受けているレッスンなどについて知りたいとのこと。そう言われてみて改めて、私自身が今の状態に至る経緯を振り返ったのでした。

今持っている、私が音楽をする上で大事にしていることは、やはり大学の時からの師匠山下勝先生の影響が大きく(←本人が聞いたら嫌がりそう笑)、良い音楽家として、音楽、音とは、演奏活動を続けるに大事なことは、全般を徹底的に伝えられ(しかし師匠は天才なので、愚弟子は消化できなかった笑)→メンタルの強化のためについた花尾律子先生から、本当の意味でメンタルを強化するには演奏技術の向上が大切だと、演奏の基礎、音、奏法を根気よく修正し続けていただき→そろそろ自分のできることも限界かも、と思っていたところへ、大野眞嗣先生とご縁があって、これまでの奏法と全く異なるアプローチでの奏法を教えていただいてもうすぐ一年になるところ。

もっとも、この他にも影響を受けたたくさんの方や先生方の存在があって、ほんの数行で表せることではないのですが、大まかだとこんな感じ。
この中で一番大きかったポイントは、ある時山下先生から、もうレッスンなど来ていてはいけない、と言われたこと。
自分で考えて、弾かなければならない、必要なことは楽譜に全て書いてある(←とは学生の頃からXX年言われ続けたことですが笑)、と言って、突き放されたこと。先生を大変信頼していた私は、ええ〜〜ひどい!さびしい!と言いつつも(笑)頑固な私がその時は妙に納得して、離れました。(今でも飲みの席にはお付き合いくださる気さくな大恩師です)
花尾先生と並行してレッスンに行っていたので、2~3年はメンタルトレーニングレッスンのみになり、その間に花尾先生から私が自立してやっていく上で必要な技術、演奏の構築力、テンポ感、練習の仕方、体力づくりまで弱点を徹底的に強化していただきました笑
この期間は、これまで長いことピアノを弾いてきたけど、一番濃くて、伸び率の高い時期だったと思います。先生はフルーティストなので、音量のコントロール(←フルートにとって絶対!)、ダイナミクスの作り方、掛け合いなど質の高いフルートアンサンブルのためにずいぶん鍛えていただきました。まだまだですが。

小柄で骨もあまり太くないので、大きな動きなどはどうしても技術的に不得手で、その点を心配のないレベルにするにはなかなか難しく、でも一般的に依頼のくる曲程度のテクニックの難度は自分で消化できるようになっていたので、このまま、不得手な曲が来たら時々大変な思いをしながらもなんとかしていくのかな〜、でもちょっとしんどいかもとぼんやり思っていたところへ、たまたま(本当に絶妙なタイミング笑)大野先生とのご縁をいただき、大野先生のメソッド(←日々アップデート中なので気が抜けない!)によって、倍音をたくさん含む、より豊かな響きを持つ音を出すためのテクニックを教えていただきました。技術の向上のためのアプローチではなかったのですが、結果今では技術の面でもまた一段と楽になりました。

そんなこんなを経た今の自分の演奏が、他の、しかも素晴らしい方だなぁ、と思っていた方のお耳におっと止まるようになったとは、とても嬉しかったです。音楽はもちろん地道な努力ありきですが、たくさんの好奇心と、それから現状維持でなく、常にもうちょっと、もうちょっとと欲し続ける欲張りな姿勢も必要かもしれません。ほんのちょっとずつ、欲を出していくと、自分の最低ラインが数ミリずつでも底上げして行って、そうすると見えてくる光景、引っかかってくる物や人が変わってくるかも。
私は決して英才教育でも出来の良い生徒でもなかったので、普通の、努力を続けてらっしゃる方ならきっともっとスマートに変われるんじゃないかな〜と思います✨

今年の初めに他界した白わんこの若かりし頃(*^^*)
私が人生の半分くらい苦楽を共にした子です。

IMG_0829

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>