Monthly Archives 8月 2016

椅子

両脇でくるくる回して調節するピアノ椅子、どちらに回すと上がるか下がるか、ご存知でしょうか?
これはピアノトリビアではないかとひそかに思ってますが(笑)後ろに回すと上がります。

今日はあさっての教室シリーズの最後の合わせでプログラムをざっと通したのですが、
最後に残ったAppassionata(この順番憂鬱・・笑)、椅子をどれだけ低くしても、なかなか姿勢が安定せず、
しょうがないかと弾き始めたらやっぱりまだ高くって、どうも弾きづらく、
弾き終わってからようやく、椅子の向きが前後ろ逆だったのに気づきました 爆
あらためて、椅子の高さひとつでずいぶん弾きにくくなるんだな〜と痛感。...

Read More

音楽をするということ

先日の室内楽セミナーを聴講して印象に残っていることを忘れないうちに覚え書き。

チェロの先生がピアノの受講生に対して「トリルの種類がワンパターンだね」(レッスン受けてた方、ごめんなさい…)
ピアノのトリルはとかくワンパターンになりがち。数をたくさん入れればいいと言うものでもないけど、つい拍に対していくつ、と杓子定規になり、どんなニュアンスのトリルなのか、を忘れてしまいがちです。
これは管、弦の方と合わせの時によく言われるので、ピアノ屋のトリルに対する考えの甘さを再確認して反省するポイントで、人ごとではなかったです。耳が痛い ^^;

ピアノの先生が、どんな音を出した...

Read More

2016 ドイツカンマーゾリステン室内楽講習会

暑いですね〜
岐阜は、9日間連続猛暑日が続いているそうです。今年も全国一位をとる気満々です(気温ね)

この土日はドイツカンマーゾリステン講習会を聴講に行ってきました。
生徒さんのレッスン〜ロシア歌曲のお供からの聴講で、暑さもありけっこうハードでしたが、がっつり半日聞かせていただきました。
受講生は皆さん、すっごく上手いし、だからレッスンの内容もハイレベルでたくさん刺激を頂きました。先生方のアドバイスも的確だし、ああ、そうだったと再確認したり(耳が痛い)、注意やアドバイスを受けているレッスン生さんは人ごとでなくて、私自身でもあるなぁと言う気持ちで受けてきました。充実した濃い〜〜時間で、時間を忘れて没頭しました。...

Read More

夏休み

お子達は夏休みですね〜✨ いいですね、たんと遊べよ 笑

さてめまぐるしい上半期が終わり、ようやく落ち着いたと思っていましたが8月また思いのほか忙しいです。
伴奏ではいまフルートの現代曲を持っていて、曲の背景も構造もなかなか過激なんですが、
先日の合わせの途中でお茶を入れにキッチンに立った時に母に
「どう、あの曲、ちゃんとなってる?」と聞いたところ、
「うん、なんか普段ピアノだけ練習してるの聞いてるとよく分からないけど合わさると✨綺麗✨だねえ」
とナナメ上の返事が返ってきました。
死者を弔う挽歌が綺麗とは、うちの母もなかなかなセンスです 汗
私...

Read More