ショパンのエチュード

「大野眞嗣 ロシアピアニズムをつぶやく」よりショパンのエチュード ←クリックプリーズ!

私、学生の頃スタミナがなくてショパンのエチュード一曲まともに弾けなかったのです。
その頃は技術的なことかな、とか体力ないからかなと思っていたのですが、これを拝読してそうなのか〜と納得。
普通のエチュードの弾き方では弾けないのですね・・汗

昨日はレッスンに伺ってきましたが、早速この奏法を教えてくださいました✨
この記事ではショパンの、となっていますが、モーツァルトにも使えるよと教えていただき、
早速今持っているモーツァルトのソナタで試したところ、音色が一気に明るくなりました。
いくつかコツが必要で、色々気をつけることはありますが、打鍵と発音のタイムラグがなくなり、一気に弾きやすくなりました⤴︎
ちょうどモーツァルトのコンチェルトの伴奏譜が来ているので(←大変 汗)早速実践してみようと思います。
毎回、先生が長年かけてコツコツと解明されてきたことを惜しげも無く教えてくださるのです。本当に有り難いなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です